着物を売りさばくなら?

友人の祖母が亡くなり、そのとき形見分けして着物をもらったのですがリサイクルに出したいけど、どこか買い取ってくれるところはないかと周りに聞いて回っています。
すれや傷みもあるということで買い取りできないときはどうしたらいいのかなどと、いろいろ考えているみたいです。
確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね・・・・。
素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。
はじめは業者を探していた友達も、他の人にも話を聞いた結果、買取をあきらめて、別の処分方法を考えるようです。
お着物買取の注意点です。
査定ではお着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。
いくらお着物として上等であっても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだと大幅に安くされるのがごく当たり前です。
ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買取できるかもしれません。
素人が決めるのは得策ではありません。
無料査定で可能性を探ってみましょう。
実際、お着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、お着物だけではなく和装小物も積極的に買い取っています。
そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでトータルコーディネイトもできるので着物本体の査定された金額に上乗せしてくれるという宣伝をしているところもあります。
たとえお着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があれば着物を送る際、一緒にして無料宅配査定のサービスを利用すれば絶対に損はしません。