便秘が続くとにきびや吹き出物ができたり、肌が荒れやすくなりますよね。便秘になると腸内の善玉菌が減って、有害物質やガスを発生させる悪玉菌が増えていきます。

元々肌細胞は、肌に溜まった汚れや余分な皮脂や水分などを排泄する作用があるので、肌細胞に有害物質が運ばれることで排泄機能が低下し、肌に悪影響を及ぼすというわけです。

このように便秘になると肌にも影響が出やすいので、美肌を作るためにも便秘予防に努める必要があります。

食物繊維は便のかさを増やし、便を柔らかくして排泄を促す作用があり、乳酸菌には腸内の善玉菌を増やす作用があるので便秘を解消し、腸内環境を整えるのに最適です。

いくら美肌効果のある化粧品を使っていても、便秘を改善しなければ肌荒れは治まりません。

関連ページ